Personary iconPersonary

PersonaryPLR (分散PDSライブラリ)を組み込んだアプリです。 下記のうちAndroid用とiOS用はFlutter/Dartで作り直しつつあるテスト版です。 PLRライブラリ以外の部分はオープンソースです。 PLRの基本機能(データの暗号化・復号、クラウドとの通信、データ共有など)に加えて、 データの作成・閲覧等の機能を備えており、SNSや名簿管理ができます。

オントロジー(データのスキーマ)等を設定することによってさまざまな用途を簡単に実装することもできます。 これによりPersonaryを東京大学の学生用のUTokyoアプリ(仮称)等として使う予定です。 他にも電子母子手帳やPHRやスタディ・ログやお買い物アプリ等の応用を考えています。

さらに、PLRにさまざまなパーソナルデータを集約しておけば、他のアプリはPersonaryと連携してパーソナルデータを必要に応じてPLRから取得できます。 こうして、パーソナルデータを独自に管理しないことにより運用コストを抑制しつつ利便性と安全性の高いアプリが実現できます。 アプリの運用が停止してもそのデータを利用者本人がPLRで保管して利用し続けることが可能です。 そのためにPLRと他のアプリの間でデータ共有する方法はたとえばこちら

Personaryを(再)インストールして既存のアカウントを設定するには、そのアカウントのパスフレーズが必要です。 そのため、前以て、パスフレーズを記憶または記録しておいて下さい。 パスフレーズを忘れた場合は、いずれかの端末でPersonaryにパスフレーズ入力なしでログインできるようになっていれば、パスフレーズを再設定して下さい。

既存のアカウントのパスフレーズがわからなくてPersonaryにログインできない場合は、 アカウントを削除して作り直す必要がありますが、 残念ながらそれによって既存のデータも消えてしまいます(したがって、パスフレーズは決して忘れないようにして下さい)。 アカウントを削除するには、そのアカウントで使っているGoogleドライブの"PLR2"フォルダの名前を"PLR2"で始まらないものに変えてから削除して下さい(アカウントを削除するとき以外は"PLR2"を削除したり手で変更したりしないで下さい)。 次に、Personaryを(すでにインストールしてあればアンインストールしてから)インストールし、アカウントを再登録して下さい。

Android用またはiOS用のPersonaryの友達画面から下のQRコードをスキャンしてhasida.plr9@gmail.comを友達登録することができます。 その際に「UTokyo」および「生活」というチャネルが自動的に作られてhasida.plr9@gmail.comと共有され、各々のタイムラインの中に下図のようなデータを作ることができます。

hasida.plr9@gmail.comの友達申請 UTokyoアプリの画面    生活チャネルの画面

その他サポート等については、 plr@assemblogue.comにご連絡下さい。

よろしければセマンティックエディタもお使い下さい。